消費者金融は借りやすい反面落とし穴もある

消費者金融って、急にお金が必要になったとき、とても便利ですね。
お金を貸してくれるところは、他にも銀行やクレジット会社がありますが、どこがちがうのでしょうか?

消費者金融の主な特徴は、
1.インターネット、自動契約機や電話でも申し込むことができる。
2.迅速に融資の判断をしてくれる。その日のうちに振り込まれる業者も多い。
3.一定の枠内であれば必用に応じて借入れや返済ができる。利息は日割り計算される。
4.プライバシーが完全に保護されており、安心して利用できる。

消費者金融に申し込むには、どのような手続きをすればいいのでしょか。

申し込み方法は、各社でいろいろ用意されています。
たとえば、人に見られたくないとかスグに必要だというときには、インターネットや自動契約機で申し込むことができます。インターネットとか機械の操作は苦手という人には、電話やファックスという方法もあります。利息や返済について不安という方は、店頭でスタッフと相談しながら無理のない返済プランを組むことができます。

新規の契約は、店頭でもインターネットや自動契約機でもまったく同じ手順で行われます。
1.申込書に審査に必要な事項を記入します。
2.免許証や健康保険証など本人確認ための書類のコピーを提出します。それを間違いなく本人のものであるかどうかをチェックされます。
3.個人情報機関に申込書に書かれた内容を照会し、その結果を踏まえて融資の額が決定されます。その後、カードの発行や指定口座への振込みが行われます。
4.契約:契約書類が作成され、新規契約の一連の手続きが終了します。

融資が決まり、カードが発行されると、コンビニのCDやATM機から貯金をおろす感覚でお金を借りることができるようになります。でも、気をつけてください。これ、貯金ではないですよ!あとで元金に金利を加算して返さなければならないことを忘れてはいけません。

消費者金融を賢く上手に利用するには、自分の収入をよく考え、むりなやりくりをしないですむ返済計画を立てることが必要になります。自分の返済可能額以上のキャッシングをして返済ができなくなり、金利・遅延損害金が増えて大変なことになってしまってからでは遅いのです。

そのためには、必要な金額や月々返済可能な額等、自分の状況を把握することがとても大切なことです。利息は日割り計算ですから、余裕のお金が出来たらその都度こまめに返していくことも上手な活用法といえるでしょう。

近年、キャッシングやローンを必要以上に利用した結果、多重債務に陥り、債務整理あるいは自己破産をする方が増えつつあります。近い将来何があるかはわかりません。借入れをしたときは、十分返済できる状況であっても、自分の病気や、家族の介護や入院などで働けなくなってしまうかもしれません。あるいは勤務先の会社が倒産してしまうかもしれません。

そんなとき、絶対にやってはいけないこと!
それは、「借金を返すために新たに借金をする」ことです。返済に困ったらすぐに借入れをした事業者に相談しましょう。月々の支払いや返済額の減額などの方法を考えてくれるはずです。また、家族にも相談して、家族の協力を得ながら生活を立て直すことが大切です。

金融お勧めサイト

過払い金 返還
過払い金返還請求マニュアルでは、過払い金が発生するしくみと消費者金融への払い過ぎた分の利息を取り戻す方法を解説しています。

過払い金 返還
金利を20%以上の利息で5年以上消費者金融やクレジット会社に返済を続けていたら、ほとんどの方のお金が返ってきます。ひとりでも過払い金返還請求するための知識を提供しています。

Copyright (C) 2009 - 2017 2CUC建設の脱毛サロンの選び方. All Rights Reserved.